FC2ブログ


雨の夜・・・今にも雪に変わりそうな、深夜間近い時間だった。

自販機の前で、ボーッと見上げながら・・・
佳奈は赤い傘を肩に乗せ、カラダ半分が冷たい雨に濡れていた。。。



俺は、幸平・・・
フリーターを経て・・・今はカメラアシスタント。
って言うか、雑用ばっか・・・
その日も、撮影が延びて、12時過ぎの帰宅だった。
風邪気味で、ちょっと頭はボーっとしてた・・・


「君、どうかしたの?・・・」
俺は、声をかけた。。。

「別に・・・・。」佳奈は、そう言って
涙で濡れたのか、雨で濡れたのか解らない顔を自分に向けた。


俺は、一瞬ひるんだ。。。
だって・・・号泣でもしたような顔だったから・・・
涙って、ズルイよな・・・特に女の涙は・・・。


俺は・・・「あっそ・・・。」
そう言って、気にも止めない感じで、その場をやり過ごそうとした・・・。


「待って・・・ねぇ、今夜、泊めてくれない?」


普通なら・・断る。。。
どこの奴か、素性も解らない女だ・・・

なのに、俺は言った・・「別に構わないけど・・・。」

体調もイマイチだったし・・・早く帰りたかったし・・・
子猫でも、拾うように、佳奈を家に連れて帰った。

部屋は、勿論汚い。。。男の一人暮らし・・・
そんなもんだろ。。。普通。


佳奈は、躊躇無く見知らぬ男の部屋に、すんなり上がりこんだ。



佳奈 「ねぇ・・・お腹空いた。」


もう、泣き顔の顔ではない。
目尻がキリっとハッキリとした、エキゾチックとでも言うか・・・
とても印象的な目をしていた・・・。


幸平 「冷蔵庫に何かあるかな?・・・適当に食ってイイよ」
   「俺、食欲無いから、風呂入って寝る、勝手にやって・・・」
そう言って、俺は佳奈を視界から消した。。。


風呂から上がると、佳奈は自分の部屋のように寛いで、
ラーメンをすすりながらTVを観ていた。
狭いテーブルは、少し片付けられて、丼が1つ置いてあった。


缶ビールを開けながら・・・「何コレ?・・・」そう、尋ねた・・・

佳奈 「さっき調子悪いって言ってたから・・・おかゆ作っておいた。」
   「泊めて貰うお礼・・・」そう言って、はにかんだ。

bc44-280r.jpg



★色艶話題 取り揃い★アダルトプログランキングへ
★色文字艶文字 追いかけて★プログランキングへ 

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

05/31/17/12|甘艶話コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

影依

Author:影依
ようこそ いらっしゃいませ
  管理人をしております
『影依…かげい』 と申します。♀

濡れ場の色文字遊び・・・
 アンニュイな時間と蜜の味・・・
  心とカラダで 味わって・・・

メールフォーム
■影依へのメールはコチラから♪

別窓表示されます。御遠慮なくどぉ~ぞ♪
過去作品一覧リンク
過去作品一覧(カテゴリー別)
カテゴリ
リンク先一覧
RSSリンクの表示
お客様
QRコード
QR