FC2ブログ



カラダを開放され、疲れきって
睡魔に襲われるまま 眠りについた。

さっきまで、甚振り甚振られながら愛されていたから・・・



アタシは、Bodyタイツに身を包み
大胆なポーズで彼を挑発。。。
bo77-220-300w.jpg

彼の顔に跨り、まとめた髪を解き 攻めの女になった。
花弁を押し付けられ、息苦しそうに必死でしゃぶり付く彼。

「たくさん舐めて・・・」
そう言うと、愛液をすするようにしゃぶり舐め回す。

彼の両手を踏みつけて、舐め回される花弁は気持ち良さに震えた。
スケスケのBodyタイツは、乳房とヒップが丸出しのデザイン。
絵にかいたように、ソレ等はタイツから はみ出していた。。。


アタシは、彼に覆いかぶさり逆向きの69になり、ペニスを手に取り
亀頭に唾液を垂らし、指先でクルクルと撫で回した。

「ウッ・・・ァゥッ・・・」
っと、腰を振るわせヨガル彼。
手を抑え込もうとする彼・・・アタシは、お構いなしに上下に扱く・・・

裏スジが・・・太く浮き出て
ソコに舌を這わせ、ゆっくりねっとり 亀頭に向けて舐め上げた。

「ンアッ・・・ゥオン・・・」

アタシは蜜壺へは迎え入れず、向きを変え騎乗位のままスマタで、
ベタベタになったペニスを扱いた。。

bf47-220-300.jpg

腰をグラインドさせ、亀頭だけ顔を出し
裏スジは、アタシの花弁で愛撫され
彼の途切れる喘ぎは、アタシを高揚させた。

亀頭からは光るカウパーが、こぼれ始め
こぼれるカウパーは愛液と混じり合い
アタシの指先で、頭を撫でられ弄繰り回された。

「アッツ・・・出る!・・・モォ・・・ダメ…ダッ」
「ンッンンンンッ・・・・・ンッ。。。」

スマタされたまま、果てた彼。。。
白濁の液を、綺麗にしてると・・・
乳房を鷲掴みにし、袖口から手を差し入れタイツを引き裂いた。


突き出されるように、ヒップ抱えられ撫で回され
しゃぶり付きながら、花弁を弄ばれる。。
指を押し込む様に入れられて、濡れた愛液と一緒に出入りをした。

「ァハンアッ・・・ンッアンッ・・・」

蜜壺が熱くなる。。
擦られて弄られて熱くなる。

少し前に発射したペニス。
インターバルの間、彼はアタシのカラダを弄んだ。

ゆるい目隠しをされ、動かぬように指示をされ
乳房を指で無く、優しい筆で愛撫された。。。

po96-220-300z.jpg

乳房の輪郭を縁取り、筆の柔らかいタッチは、アタシをゾクゾクさせ震わせ
蜜壺にはロータ―を押し込められ、
ジジジ~ン、ジッジッジ~ンっと、強すぎない刺激がカラダを揺らした。

気持ち良さに、きっと だらしない顔になっている事など 気にする余裕も無く、
カラダが、イきたがっていた。。。

カラダを転がされ、無理やりクチに押し込められたペニス。
彼は、アタシのクチをオナホールにし
クチにあるペニスを出し入れしながら、手はクリを弄った。


クチから零れる唾液。
蜜壺から零れる愛液。。。

思わず、クチビルを噛みしめ 自分で自分の乳房を握りしめた。
固さを取り戻した、ペニス。
アタシの、だらしなく濡らした蜜壺へ、簡単に入り込んだ。

アタシは、彼の腕をギューっと掴み 握りしめながら
蜜壺を味わうペニスに、リズムに合わせ腰を踊らせた。

「ァッアッアァッ・・・ハァッアァッ・・・ンハァウ・・・」
「アァァァ・・・ァァアァンッ・・・」

濡れ過ぎなほど、蜜壺は滑り良く ペニスの動きを滑らかにし
彼は、体位を変え、締め小股でフィニッシュを迎える仕草を見せた。
挟み込む体位は、花弁も蜜壺も刺激し、
カラダを動かす事も出来ぬほど・・・


・・・アタシを蕩けさせた。。。











★色艶話題 取り揃い★アダルトプログランキングへ
★色文字艶文字 追いかけて★プログランキングへ 

スポンサーサイト
[PR]

11/27/22/48|甘艶話コメント(12)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

影依

Author:影依
ようこそ いらっしゃいませ
  管理人をしております
『影依…かげい』 と申します。♀

濡れ場の色文字遊び・・・
 アンニュイな時間と蜜の味・・・
  心とカラダで 味わって・・・

メールフォーム
■影依へのメールはコチラから♪

別窓表示されます。御遠慮なくどぉ~ぞ♪
過去作品一覧リンク
過去作品一覧(カテゴリー別)
カテゴリ
リンク先一覧
RSSリンクの表示
お客様
QRコード
QR