FC2ブログ



僕は正人。アラフォーの妻帯者。

普通じゃない性癖
人は、そう思うかもしれない・・・。

しかし、僕にとっては 極上のエクスタシーなのだ。
僕達夫婦は、その極上の蜜の味を分かち合う夫婦でもある。


SEXの快感を覚えた頃から、そうだった訳ではない。
ソコに至るまでには、悩みもし苦しみも味わっていた。

結婚をして長い間一緒に居る妻の美由紀。
アラフォーになったばかりの彼女に心底惚れている。
1番の理解者で、1番の女だと思っている。


出合った頃 美由紀はヨガの講師をしていた。
無駄な贅肉もなく、引き締まったBodyで
気は強いが、一目ぼれに近い存在だった。
僕は中堅の商社のサラリーマン。
普通に恋愛をし、普通のドコにでもいる夫婦だった。

結婚と同時に、自分で会社を起こし、忙しい日々ではあったが
起動に乗るには、数年で落ちついた経営状態にもなった。
運が良かったのかもしれないが・・・

子供も出来、育児に専念するイイ母親で、僕にもイイ妻だった。
ただ、夜の夫婦生活だけは、物足りなさ
肌の温かみを感じる時間は、グッと減っていた。

美由紀が妊娠、母親業に多くの時間を費やしていた時、
僕は、外で快楽を求めた。
あくまでも、性処理の為だけに・・・
勿論、いかがわしい店にも通ったり
ワンナイトラブといった安易な女と遊んだりもしていた。

そんな遊びがバレて、お決まりの夫婦喧嘩にもなった。
僕は当然、平謝りのよくある夫の姿。


長年、通ったバーのマスターと出合ってから
僕は、気が付かなかった眠っていた僕と出合った。

マスターは、僕より一回り上で、
サラリーマンの頃から店に通い、美由紀を嫁として
紹介したり、信頼出来る兄貴的存在になっていた。

マスター夫婦は、子供は無く
僕よりも下の 若い嫁と夫婦で店をやって居た。
美由紀も、この店だけは安心して送り出してくれていたから
遊びがバレて、ショボくれてる時も
この店に行っては、マスターに愚痴っていた。



そんな、ある日だった・・・


マスター(パパさん)が、とんでもない事を言い出した。


bh24-220-300b.jpg





関連記事
スポンサーサイト
[PR]


★色艶話題 取り揃い★アダルトプログランキングへ
★色文字艶文字 追いかけて★プログランキングへ 

01/02/15/05|艶話コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

影依

Author:影依
ようこそ いらっしゃいませ
  管理人をしております
『影依…かげい』 と申します。♀

濡れ場の色文字遊び・・・
 アンニュイな時間と蜜の味・・・
  心とカラダで 味わって・・・

メールフォーム
■影依へのメールはコチラから♪

別窓表示されます。御遠慮なくどぉ~ぞ♪
過去作品一覧リンク
過去作品一覧(カテゴリー別)
カテゴリ
リンク先一覧
RSSリンクの表示
お客様
QRコード
QR